適切な工事を行なう|水回りをリフォームしよう~住宅環境革命~

水回りをリフォームしよう~住宅環境革命~

エクステリア

適切な工事を行なう

家

リフォームなどで、断熱材を利用しようとしている方には、外断熱工法をお勧めします。 それも資金的に余裕があるならば、基礎部部からの外断熱が一番効果があります。基礎部分を断熱材で覆うことによって、床下からの換気を防ぐことができます。基礎部分の通気口を塞ぐ形になりますが、基礎内部に換気扇を設置することで解消できます。24時間換気を行うことにより湿気がなくなるので二重の効果があります。 外壁も外断熱にすることによって、外からの換気を防ぎ、室内の密度を上げることができます。密度が高くなると保温効果が高くなり、暖まりやすく、冷えにくい家になります。また、屋根にもフィルムなどを施工することによってさらに保温効果を上げることもできます。

断熱効果の高い窓にすることはよいことです。何しろ、冷暖房の効率が大きく違ってきますから、とても電気代に影響があります。ですから、断熱効果の高いものにすることにはメリットがあるのです。 リフォームをするときには、それを考慮するとよいです。費用は少し高めになってしまうのですが、それでもメリットがあることは確かであり、やる価値はあります。 断熱というのは、いくつかの方法がありますが、一つは気泡の入った建材を使うことです。暖めると冷めにくくなります。或いは熱を逃がしにくいタイルを使うこともあります。とにかく断熱といっても方法がいくつかありますから、業者に聞いてみて予算との兼ね合いで決めるとよいです。それが賢明です。