水回りをリフォームしよう~住宅環境革命~

エクステリア

周りに配慮した工事

家

原状回復とは、マンションやアパートや一戸建てのさまざまな物件において、元の状態に修繕してもらう工事の事を言います。
集合住宅や一戸建ての住宅は、日常の作業や行動によって劣化してしまいます。
人の手による物がだけではなく、地震や台風などの自然災害にも影響して住宅が劣化してしまいます。

なお、これらの劣化は掃除では汚れが落ちないものであったり、1人では直せなく、プロの手ではないと直せないものもたくさんあります。
このような状態でも、きちんときれいな状態へ直してくれる修繕会社がたくさんあります。

そのため、自分や家族に任せることなく全ての工程を行ってくれるため、安心して依頼を行うことができます。

また、賃貸物件に住んでいる場合は、退去時に修繕や原状回復を依頼するパターンが殆どとなります。
賃貸物件は、退去したあとにすぐに、次回の入居者の募集を出せるように早急の原状回復工事を行うことが重要となります。

修繕を行うことで、次回入居する人も快適に新生活を始めることができます。
また、きれいな状態で置いておくことで、入居者の期待や信頼を得ることができ不動産への仲介もスムーズに行うことができます。

物件の形式やデザインには流行があります。
修繕の会社では原状回復だけではなく、流行や人気に合わせた配色に替えたりなど、その他の要望にも柔軟に応えることが出来るため、併せて依頼を行うと手間が少なくて便利でしょう。
日常の生活の中で特に影響を受けやすいのが床です。
床にはフローリングや畳などさまざまな種類がありますが、それぞれの修繕にも対応を行ってくれます。

フローリングには日常歩きまわったり、物を落としたりすることでキズがついてしまいます。
また、フローリングにはツヤがあることで部屋の雰囲気も変わりますが、これらも数年使い続けるとツヤを失ってしまいます。
そのような場合でも原状回復の工事を行うことが可能となります。
キズが大きい場合はその部分だけ、フローリングの板の張り替えを行ったり、キズの除去作業を行ってくれます。
また、仕上げとしてフローリングにワックスのコーティングを行う作業を行ってくれるため、ツヤも取り戻してくれます。

また、畳の場合も、フローリングと同様に日常において使用し続けることにより劣化を招いてしまいます。
畳は劣化してしまうと、い草が剥がれて薄くなったり、日光の影響によって色が薄くなったりします。
古くなった畳は衣服にカスが付着しやすくなったりするので、次回の入居者は不快な思いをするかもしれません。
このような事がないように、畳の原状回復および修繕を行ないます。


床の他には壁も、日常使用し続けることによって劣化してしまいます。
また、飲み物やラーメンなどの汁物が飛んで壁についてしまったが、拭きとっても汚れが落ちないということもあります。
ペット飼育が可能な物件であった場合、猫などの爪とぎを行う習性のペットがいたら、爪を壁に研がれてしまったため壁がボロボロになってしまった。ということもあります。

これらの壁の劣化も修繕し原状回復を行ないます。
また、工事の際には上記のような状態を直すだけではなく、日光によって色が変色した場合に備えて壁紙の張り替えまたは、クリーニングも行ってくれます。

ふすまや扉も劣化してしまいます。
ふすまは紙でできているため、シミができてしまうと落とすことはできません。
また、匂いも吸収してしまうため、生活のあらゆる匂いを残します。
そのため、次回の入居者が不快な思いをしないように元の状態へ原状回復し、破損や傷みがあったら修繕工事を施します。

これらのふすまの修繕は短時間で行うことが出来るため、忙しくても合間を縫って気軽に依頼を行うことができます。

エアコンやガスコンロ、シャワーや浴槽などの設備の修繕や原状回復も可能です。
毎日使用するものだからこそ、次回の入居者も安心して使用することが出来るように工事を行ないます。

エアコンの場合は、使用するごとに部屋の中の雑菌を機械の中に貯めこんでしまうため、カビのもととなるホコリがたくさん潜んでいます。
カビは肺炎などの気管支系の病気を引き起こす原因とされているため、クリーニングを行うことが重要となります。
エアコンを解体しクリーニングを行うため、きちんと原状回復を行ってもらう事が期待できます。

また、浴槽を使用することにより、通常の掃除では取り除くことができない頑固な水アカがこびりついている事もあります。
そのため、専用の洗剤を使用して入居時のようなきれいな状態へ戻してくれます。

上記の設備のほかにさまざまな設備に対応してくれるため、次回の入居者も快適に設備を利用することができます。

ベランダの修繕工事を行う場合は、資材や外壁のチリなどが飛び散ってしまう可能性があります。
近隣への連絡もなしに執り行ってしまうと、干されている洗濯物にかかったりして、洗濯しなおすという事態がないように洗濯を行う人が多い時間帯を避けて工事を行ったり、あらかじめ文書にて工事の日程を知らせたりします。
このような対策を行うことにより、トラブルが軽減されたり、近隣の人も影響を最小限に抑えることができます。
原状回復や修繕工事は、当日に呼んで急に工事を行うことはありません。
納得の行く予算や、仕上がりに近づけるために、別の日程で見積もりを行ってもらいます。

床や壁、設備の状態で原状回復までの費用に差が出てきますため、あらかじめ目視などの確認を行ないます。
現在の劣化状況に合わせた工事のプランを計画してくれるため、予算などを相談しながら決定を行ないます。

不安な点についても、親身に聞いてくれるところもあるため、さまざまな原状回復の工事を行ってくれる会社を比較、クチコミを参考にして決めて行くと良いでしょう。